【事故採点に最適】 税理士試験を受けた後に解答速報を利用しよう

免許状の種類は複数

男女

取得するためのルート

幼稚園で担任として勤務するためには、幼稚園教諭の免許状が必要となります。担任の補佐や事務の仕事をする場合は、基本的には資格は不要ですが、それでも有資格者の方が優遇される傾向があります。そのことから幼稚園で働くことを希望している人の多くが、幼稚園教諭の免許状を求めて、その養成課程のある大学に進学しています。免許状は、養成課程で定められている全ての科目における学習をし、指定単位を取得することで授与されるのです。大学には4年制大学と短期大学とがありますが、どちらの養成課程でも必要単位を取得できます。ただし短期大学で得ることができるのは、幼稚園教諭の二種免許です。それに対して4年制大学では、ワンランク上とされている一種免許を得ることができます。どちらを取得した場合でも、幼稚園教諭としての就職が可能となりますし、就職後の仕事内容にも基本的には大差がありません。しかし幼稚園の中には、一種免許の有資格者を給与面で多少優遇しているところもあります。また4年制大学に進学した場合、卒業後に大学院に進学し、幼稚園教諭の最上位とされる専修免許状を取得することも夢ではなくなります。こういったメリットから、4年制大学で学習するルートを選ぶ人は増えてきています。ただしいずれの場合も、免許状の授与後には、市町村または私立の幼稚園での採用試験を受けることになります。これに合格して初めて、実際に幼稚園教諭として勤務できるようになるのです。