【事故採点に最適】 税理士試験を受けた後に解答速報を利用しよう

短期間で取得するために

スーツの男女

閲覧と活用の方法

税理士の資格は、財務諸表論や簿記論などの会計の基礎から、法人税法や所得税法など各種税金の深い知識を習得する必要があるため、数ある資格試験の中でも難関資格の1つとして数えられます。したがって、数年かけて一生懸命勉強しなければ合格できず、また受験のテクニックなども押さえておかなければなりません。そこで、上手く活用することで短期合格の可能性を上げられるものとして、各専門学校などが公表する解答速報が挙げられます。税理士試験は、いくつかの科目のうち、5科目に合格する必要があります。これらは1度に全て合格する必要はなく、年度を跨ぐことが可能です。そして、税理士試験は3日間で特定の科目の試験が行われ、その日の夜、あるいは翌日中に各専門学校などが各科目の解答速報と、合格のボーダーラインの予想が公表されます。税理士試験は1度で5科目合格することはほぼ不可能とされていて、通常は1年に1〜2科目ずつ科目合格していくことになります。そのため、その年には合格できなくても、解答速報を踏まえて、来年に向けて対策を立てることが可能となります。短期間で合格する人の多くは、この解答速報を上手く利用しており、正答すべき問題をしっかり分析した上で、来年以降に向けての勉強の対策や計画を立てています。税理士試験の専門学校などはプロ集団なので、高い水準の分析や検討を行った上で、解答速報やボーダーラインを公表しています。通常はその専門学校などの生徒ではなくても、ホームページで閲覧できるようになっているため、受験を終えた人や、これから受験を考えている人などは是非活用するようにしましょう。